Just another WordPress site

ペット火葬3

未分類

犬や猫のペット火葬で理解しておくべき4つの火葬方法。

投稿日:

犬や猫、他にのペット火葬には4つのメソッドがあります。

急な事であれば飼い主さんも動揺し、ゆったりと火葬の手法や時などを決める時もないかもしれません。

飼い主さんの業務の都合や予定表などで必然的に火葬技術が限定しれる事も。

最初に如何なる火葬手法があるのかを汲み取るし、自らやペットにあった火葬テクニックを選択しましょう。

火葬技術にはだいたい次の4つがあります。

  1. 住宅で過ごしながら我が家や近所で可能な車火葬
  2. ペット霊園施設での立会火葬
  3. セレモニースタッフに任せる一任個別火葬
  4. 経費を抑えてセレモニースタッフに任せる合同火葬

この投稿では、これらの中身を克明に紹介します。

我が家や近所で可能な車火葬

車火葬は火葬施設が整ったスペシャルな車でペットを我が家敷地内や近所で火葬する手法で、次のような方にベストチョイスな火葬メソッドです。

  • ペット霊園施設が近所にない。
  • ペット霊園施設まで行く事ができない
  • 我が家で子供の世話や家事などしながら火葬やりたい
  • シルバー世代や幼児などの世帯全部でお見送りやりたい

しかし、屋外で火葬をするためお骨上げをする事例など、天候によっては不自由さが出てくる事もあります。

火葬車といっても施設レベルが高く、近所にいたずらをかけるような煙やにおいにも配慮されているためトラブルに進歩する事もないでしょう。

私の時は火葬車を使用しました。

霊園が近くにない事と、幼いこどもやご年配の身内もいます。

みんなでお骨上げ・お見送りをしたかったのですが、必然的に霊園に夜中に行く事ができない環境でした。

それにより火葬車を活用させていただきました。

夕方からの火葬でしたが、愛犬を火葬車に見送ってからはお骨拾いまでは我が家で家事やこどもの世話をする事ができました。

食事やこどものお風呂も終え、掃除が終わってしばらくすると火葬も終わり、みんなでお骨上げをする事もできました。

このような事例では火葬車による火葬が最上いいのではないかと考えました。

  

ペット霊園施設での立会火葬

ペット霊園での立会火葬は、私たち人間の火葬と同じような環境・予定表で火葬・葬儀が行われます。

ペット専門火葬炉は無論ですが、待合室もあります。

出棺からお見送り、火葬後のお骨拾いもできます。

なお、デフォルトペット霊園に納骨する事もできます。

天候にも左右されず、環境も整ったペット霊園でゆったりとお見送りする事ができます。

ペット霊園の空き時とご自分やご身内の都合がつくケースや、ペット霊園まで死亡したペットを連れていけるようであればこの技術も推奨です。

セレモニースタッフに任せる一任個別火葬

セレモニースタッフにそこそこお任せ可能なのが一任個別火葬です。

ペット霊園まで亡くなられたペットを連れていき、出棺・お別れまでをご世帯で行います。

それ以降の火葬からお骨拾いには立ち会わずにセレモニースタッフにお任せするメソッドです。

納骨まで一任可能なため、ペットとのお別れ後は最後まで残る不可欠もなく、我が家などへ帰る事ができます。

合同火葬ならセレモニースタッフに一任で経費も抑えられる

合同火葬では個別火葬と同じくにペット霊園まで送り届けます。

その後は火葬が終わるのを待つ事なくご我が家などへ戻る事ができます。

合同火葬のためお骨が返ってきませんが、火葬はキッチリとしてあげたいけど総額は押さえたい方や、野良犬や野良猫がなくなっているのを発見して火葬してあげたいというケースには推奨やりたい火葬テクニックです。

コラム:悔やみしないお別れをしましょう。

火葬やお別れのやりかたは何個かありますが、ご自分やご世帯と亡くなられたペットにとって、いちばん良い火葬メソッドは何かを充分に腹積もりてあげましょう。

お別れは一度きりです。

その子にとって、そして飼い主様にとって悔やみのないような最善の火葬メソッドを選択しましょう。

そうする事が心境の整頓をつけるうえでも大切だと考えます。

必ずにペット霊園で火葬してあげたいという心の内があっても、霊園の空き状況次第では待つ期間が長期に渡ってなり、その子の体がかわいそうなステータスになる事になりかねません。

このような現実的な事も受け入れつつ、お別れのテクニックを比較考量してください。

-未分類

Copyright© ペット火葬3 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.